カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリ

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 100

泉井小太郎( 電子本・EPUBリフロー) 詩とも童話ともエッセイともつかず、作者自身よくわからないジャンル。 ある日、街中の川にふわりと現れた一羽の水鳥。  川の畔に住んで、長年散歩しながら初めて見る鳥。   ・・・・白い大きな、ふわふわしたかたまり、   これが、初めて見るカンムリカイツブリだった。   それが、何だかとても気になった。      眠っていた水鳥がひょっこり首をあげて、  たちまちその不思議な風貌につり込まれ、  カンムリカイツブリの大ファンになりました。  その時の出会いを綴った散歩ファンタジーです。

泉井小太郎( 電子本・EPUBリフロー) 詩とも童話ともエッセイともつかず、作者自身よくわからないジャンル。 ある日、街中の川にふわりと現れた一羽の水鳥。  川の畔に住んで、長年散歩しながら初めて見る鳥。   ・・・・白い大きな、ふわふわしたかたまり、   これが、初めて見るカンムリカイツブリだった。   それが、何だかとても気になった。      眠っていた水鳥がひょっこり首をあげて、  たちまちその不思議な風貌につり込まれ、  カンムリカイツブリの大ファンになりました。  その時の出会いを綴った散歩ファンタジーです。